ハミルトンハウス

NEW OPEN

フランス料理 ハミルトンハウス


福州路に11月5日開店

老房子を改築

アール・デコ調の店内

 外灘からほど近い福州路と江西路の交差点に、1920年代の老房子をリノベーションしたスタイリッシュなフレンチレストランが登場した。
モザイクの床、吹き抜けの高い天井。アール・デコ様式を活かした店内デザインは、シンガポールの若手デザイナーが手がけたものだ。アンティークなインテリアがセンスよく配置され、座り心地の良いソファーが並ぶバー・スペースもある。

骨付き肉に真ん丸ポテトがたっぷり添えられた「子羊のカットレット」

外灘で再現

故郷フランスの味


テーブルを飾るのは、フランスの三ツ星レストランで長年経験を積んだフランス人シェフの手料理。フランス人が故郷で食すような家庭料理を再現したメニューも多い。
ディナーなら、「牛のほほ肉」(180元)や「子羊のカットレット」(210元)がオススメ。一皿のボリュームが多いので、仲間とシェアして楽しみたい。また、ランチコース(90元~)もあり、とろりとしたチーズが特長の温かなサンドウィッチ「クロック・ムッシュー」などが味わえる。
1月末まで、「ジャピオンを見た」でグラスワイン(赤・白通常30元)をひとり一杯サービス。


予算
ランチ 90元~
ディナー 350元~
席数
80席
ハミルトンハウス
住所: 福州路 137号
TEL: 6321-0586
営業時間: 11時半~14時半、14時半~17時、17時半~21時半(ラストオーダー)

~上海ジャピオン12月28日/1月4日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP