ジャピュランガイド~唐韵秦風(タンユンチンフォン)

 ほどよく辛い涼粉は、これからの季節に最適

 兵馬俑で心は西安
先日、同僚が西安に行ってきましてな。
僕も彼の地に赴いたことはあるのですが、
それも早10年以上前のこと。
歴史好きとしては、
同僚の土産話に何とも羨ましくなって、
せめて食だけでもと、
体育館近くの西安料理の店を訪れて参りました。
ほほ~! 
これは何と、兵馬俑が2体お出迎えですか。
ふむ。
ちゃんと本物と同じく、東側を向いてますな。
さすが西安好きの心をくすぐるツボを分かってらっしゃる。
早くもテンションがウナギ登りでございますぞ! 
店内も広くて清潔で良い感じじゃあ~りませんか。
奥では料理人の皆さんが麺を打ってる姿なんかも、
ガラスの仕切り越しに覗けちゃいますぞ。
そう、西安名物といえば、
大阪弁で言うところの〝粉もん〟。
これを外すわけにはいきませんよっ。

 

入口では、兵馬俑が2体お出迎え

〝粉もん〟尽くし
まずは軽く焼いた薄皮で
山芋なんかの千切り野菜を巻いた
「煎餅巻菜」(12元)で、
軽く腹ごしらえと参りましょうか。
パクパクッ。
お次は西安名物の「西安涼皮」(9元)。
ピリ辛味と麺のもちもち加減がたまりませんな~。
メインは「西安哨子麺」(18元)。
唐辛子と酢が効いてて、
何とも食欲をそそるスープに、
ほどよい縮れ具合の手打ち麺が絡まって絶妙ですな。
西安式バーガー「臘汁肉夾饃」(12元)は、
牛肉と豚肉と、どちらのお肉も頂き!
いやはや、どれもお手頃価格でこのボリューム。
感服でござる。

 

info
エリア 上海体育館
住所 天鑰橋路580号星遊城4階
TEL 6161-9788
営業時間 11時~14時、17時~22時
席数 約180席
予算 約30~50元

~上海ジャピオン2012年6月8日号 
 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP