上海のグルメ 記事

選食空間 屋里香食府・芸術沙竜―アートサロンレストラン―

File No.05
Cantoniese

屋里香食府・芸術沙竜―アートサロンレストラン―

ハンドメイドの世界
 「屋内より香る」という意味をもつ「屋里香」。上海の集合住宅「弄堂(ノンタン)」で育った兄弟がオーナーを務めるこの店は、老上海の母の味に出会える家庭料理の店だ。
 店内はわずか9テーブル。元は親戚が住んでいたという老房子を、芸術家でもある兄が、上海ならではの中西折衷空間へと改装した。アンティーク家具やオーダーメイドのシャンデリア、さらに兄手作りの紅木家具が店内を飾る。
 ふたつとないこの空間と、徹底的にこだわる老上海の味が「上海タトラーベストレストラン」を3年連続受賞した所以だ。

1.ハンドメイドの紅木家具や中国風のテーブルクロスが温かみを添える

老弄堂の母の味
 干しエビを敷き詰めたしょっぱく甘い「大家都富(28元)」、紹興酒の香るこってりとした「紅米五花肉(48元)」。こうした濃厚な味付けこそが、昔ながらの上海家庭料理。
 同店の味付けの核である兄は、10歳の頃から弄堂で「上海の母」たちに教わりながらこの味を覚え、高級烹調師の技術を身に付けることで、より確かなものとした。こうして培われた味と、素材ひとつ作り方ひとつ妥協しない姿勢が、夜には予約なしでは席につけないほどの人気を生み出す。静かにゆっくりと味わえる。ここはそんな一軒だ。

2.ニンニクと酢でさっぱりと味付けた「涼拌茄子(28元)」

3.骨がほとんどなく、こってりとした砂糖醤油味が香ばしい「紅焼黄魚(68元)」


住所: 南昌路164号
電話: 5306-5462
営業時間: ランチ 11時半~14時、ディナー17時半~22時、金~日は23時まで
予算: 150元前後
席数: 9テーブル
※12歳以下のお子様はご遠慮下さい

~上海ジャピオン5月30日発行号より

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。