上海のグルメ 記事

ジャピュランガイド~Hunan House

japyu-v1

japyu-v2

japyu-v3

japyu-v4

懐かしの味をスタイリッシュに盛り付け

路地裏の湖南料理

えへへ、今週は特集の担当が終わったばかりだから、仕事終わりの〝アフター7″を堪能できるんだ♪ となれば、男と女のお食事会に行くしかないよね。

きゃ~♪ バーみたいでおっしゃれ~。よく通る道なのに、路地裏にひっそりとあるから、気付かなかったなあ。上の階へは螺旋階段で登るのね。何だかお姫様になった気分☆ 今夜こそ、愛しの王子様に出会えるかしらん。

わ、ドリンクメニューにおばあちゃんの写真が出てきた! へえ、このお店、オーナーさんが、故郷のおばあちゃんの味に想いをはせて、オープンしたんだって。私もずっとおばあちゃんっ子だったから、共感できる~。

japyu-v6

住宅エリア内なので、出入りの際はお静かに

皿に掛かる豆腐橋

前菜は、すり鉢で軽く叩き潰して仕上げた「擂茄子」(38元)に、ジェンガのように盛られたピクルス「什錦泡菜」(28元)。真ん中から抜き取りたい衝動を抑えて、パクっ。ん~薄味だけどしっかり漬かっててサイコー☆
〝橋を渡る豆腐″「過橋豆腐」(50元)ってどんな料理かと思ったら、皿の中央で豆腐が橋を渡してる~! 周りは蒸したミンチ肉と卵の湖。橋にもトウガラシが乗ってるし、鉄鍋で供される「干鍋香干腊肉」(68元)も、湖南料理だけあって辛いんだけど、マイルドで上品な刺激ね。
〆の「祖父炒飯」(48元)は、素朴で日本人の私にも懐かしいほっこりな味。おじいちゃんがおばあちゃんに作ってあげてたのかなあ。私もこんなチャーハン作ってくれる旦那様、早く見つけなきゃ!

japyu-v5

info
住所 復興西路49弄2号
TEL 3461-1377
営業時間 15時~23時(土日は11時~)
席数 約180席
予算 約120~140元

japyu-v7

~上海ジャピオン2014年8月15日号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。