上海のグルメ 記事

ジャピュラン☆ガイド~阿里家

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-1

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-2

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-3

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-4

羊肉をがっつり

羊肉って、何だか時々ムショーに食べたくなるのよね。そんな時に前からチェックしてた店があるんだ。フランス風の建物が並ぶエリアのプラタナス並木沿いにあって、夜はいつも歩道のテーブル席まで賑わってるのよね。混雑を避けて、休み中のお昼に行ってきた。

きゃー、2階席が工事中で閉まってるせいか、お昼でも混んでる! みんな私と同じ羊肉発作が出てるのかしら。日頃の行いが良いから、何とかカウンター席に滑り込めたわ。

メインの羊肉「古法饢坑烤肉」(108元)は、出てくるまで20分くらいかかるそうだから、串も「阿里家招牌大羊腰」(28元/本)と「香烤牛舌」(10元/本)を頼もうっと。

 

新疆ミルクティー

まずは「新疆奶茶」(48元/ポット)でお腹を温めて。注ぎ口が細長いポットから、オリエンタルな装飾のコップに注いで一口。うーん、ミルクの風味が独特で、一気に新疆気分が盛り上がってきた!牛舌は、パイナップルとの相性が意外といいね。大羊腰も値段が張るだけあって、食べ応えバツグン。

セロリの風味が爽やかな「西芹百合」(38元)と具沢山スープ「羅宋湯」(小18元、大38元)で、野菜の補給も忘れずに。羅宋湯は、上海料理の甘すぎるやつは少し苦手だけど、これは好きかも。

出ました!メインの羊肉。石鍋の底に、熱々の石が敷き詰めてあるから、ゆっくり食べても冷めなくて安心ね。でも待ってる間に食べすぎちゃったみたい…。打包(持ち帰り)でお願いします~。

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-5600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-6

info

住所  復興西路133号

TEL  6433-4261

営業時間  12時~14時、17時半~22時半(21時45分ラストオーダー)

席数  約40席

予算  約100~120元

600%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3-7

~上海ジャピオン2016年10月21日発行号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。