上海のグルメ 記事

ジャピコレ~蛍七人間

661-Japion-collection-1

和洋中の技術が集結 噛み応え抜群のリブ

甘くて少し塩気のある醤油ダレが牛肉に染み込み、噛むほどに肉の旨味がフワッと口に広がる。また見た目に反して口当たりはさっぱり、脂っこくない。「リブロースグリル」(138元/160g、約2人前)は、中華の角煮に和・洋の製法を組み合わせた創作中華だ。

この料理では、肉質が柔らかい豪州産アンガス牛を使用。醤油にウナギダレを加えることで、甘味とコクをプラスしているのがおいしさの秘密だ。また煮込み作業時に日本酒を使うことで、肉をさらに柔らかくしていると言う。

同店は飲食店グループ「人間」の7号店で、市内にはほかに「無二」と「穹六」を展開。店名に付く1つ目の漢字がその店舗の内装を表現し、「蛍七」は夜になると、静寂な店内にロウソクなどの小さな明かりがポツポツと光り出す。また店入口の扉を開けるには、前もって電話でパスワードを聞く必要があり、遊び心をくすぐる。

静かな空間で、伝統ある中華料理に革新が加わった料理をぜひ。

661-Japion-collection-2

Info

店名  蛍七人間(インチー レンジィエン)

住所  巨鹿路805号(×富民路)

TEL  5404-0707

営業時間  11時半~翌2時(ランチは~14時、フードのラストオーダーは21時)

席数  約120席、カウンター約15

予算  昼58元~、夜200元~

661-Japion-collection-3

~上海ジャピオン2018年1月5日発行号

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。