上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~紅焼肉

中華接待の備忘録-1-タイトル-600中華接待の備忘録-02-料理名-600中華接待の備忘録―3―料理-600

 

上海料理を体現した角煮

甘くトロトロに煮込まれた上海の定番料理「紅焼肉(豚の角煮)」。つややかに照り輝く豚肉は、老若男女問わず大好きな一品だ。

中国で上海料理は、一般的に「本幇菜(ベンバンツァイ)」と呼ぶ。〝本〟は「本地(中国語で当地)」すなわち上海のことで、これに〝菜〟を付けて上海料理を意味する。なお〝幇〟はグループ(カテゴリ)の意。上海料理の特徴は、「赤醤(濃口醤油)」とたっぷりの砂糖を入れることが多いことだ。

「紅焼肉」と似た料理に「東坡肉(ドンポーロウ)」がある。北宋の時代、今の浙江省杭州市に赴任した蘇東坡(そとうば)という役人が、調理ミスをしてできあがった豚のモモ肉料理があまりにおいしく、彼の名が付けられたのだ。ルーツは違うが、どちらも上海料理店でよく見掛ける。

〝本地〟感漂う上海料理店「転角上海弄堂餐庁」で紅焼肉をほおばれば、上海人の家庭へとアテンドされた気分になるだろう。

中華接待の備忘録-4-うんちく-500

アテンド先はこちら

店名 転角上海弄堂餐庁(ジュアンジィアオ)

住所 瑞金一路139号復興商厦2階

TEL 6135-1285

営業時間 11時~14時、17時~21時半

席数 約200席

予算 150元~

中華接待の備忘録-5-店内-180 中華接待の備忘録-6-地図-160

~上海ジャピオン2018年8月17日発行号

 

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。