上海のグルメ 記事

ジャピコレ~Masala Art

ジャピコレ_1_メイン_700

夏こそ食べたい カレーインド人御用達の店

鼻腔をくすぐるスパイシーな香り。口に運ぶと、ホロッと崩れるチキン。「ムルグ・パティア(帕蒂亜拉咖喱鶏)」(69元)は、インドカレーの一種・パティアにムルグ(ヒンディー語でチキン)がゴロッと入った一品だ。

「Masala Art」は、来海30年のインド人オーナーが、2002年に開いたインド料理店。ターメリック、クミン、シナモン、クローブ、フェヌグレックなどを炒めて香りを出し、鶏肉を加えて表面が色付くまで炒める。その後トマトを加えてさらに炒めたら、パームシュガーなどで味を調え完成。辛さの中にもコクがあり、食べ始めたら一気に平らげてしまう。

「ナン」(19元~/枚)も一緒に注文しよう。同店では、壷窯型オーブン「タンドール」をインドから輸入。この中で火を通すことで、ふんわりと焼き上げる。串焼きなどもこのオーブンを使い焼くことで、旨味をギュッと閉じ込める。

夏がまだ続く上海。暑さを吹っ飛ばす激ウマカレーをぜひ1度、ご賞味あれ。

ジャピコレ-2-評価-250

Info

店名 Masala Art(マサラ アート ) 康定路店

住所 康定路1018号(×泰州路)

TEL 6258-8907(英語のみ)

営業時間 11時~14時半、17時~22時半

席数 約100席

予算 100元~

ジャピコレ-3―店内-220ジャピコレ-4-QR-90

~上海ジャピオン2018年8月24日発行号

 

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。