上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~過橋米線

710中華接待の備忘録-1710中華接待の備忘録-2

710中華接待の備忘録-3

雲南を代表する伝統料理

「過橋米線(かきょうべいせん)」は、雲南省で100年以上の歴史を持つ伝統料理で、同省南部に位置する現・蒙自市が発祥の地とされている。

料理名の由来には諸説あるが、昔、とある人が科挙試験の勉強の際、妻に食事を運んでもらっていたのだが、すぐ食べないのでいつも冷めていた。ある時妻が、鶏スープの壺を触ると非常に熱く、中を見ると表面に鶏油の膜があり、熱を封じ込めていた。それからはスープに鶏油を張るようになり、橋を越えても冷めないので〝過橋米線〟と名が付いたと言う。

保温性の高い碗の中に熱いスープ、そこへ米粉麺を投入し、さらに十数種類の生の具材を入れ、火が通ったら食べる。鶏油なのでしつこくなく、あっさりとした塩味で口当たりがよい。

雲南や雲南料理の印象と言うと、まず頭に思い浮かべるのがこの料理という人も多い。同店の米線は一日限定50食となっているので、早めに注文したい。

710中華接待の備忘録-4

アテンド先はこちら

店名  雲上雲 源生態雲南菜(ユンシャンユン)

住所  南京東路233号南京大楼5階(×河南中路)

TEL  5306-5757

営業時間  11時~14時、17時~22時半

席数  約110席

予算  120元~

710中華接待の備忘録-5710中華接待の備忘録-6

~上海ジャピオン2018年12月28日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。