上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~鹵煮火焼

   

地元で愛される庶民の味

「鹵煮火焼(ルージューフォシャオ)」は、現北京市城南エリアの南横街で生まれ、庶民の味として各地に広がった。

この料理は元々、張東官という江蘇省蘇州市の料理人が宮廷料理で提供していた「蘇造肉」と言う料理。1870年代に豚肉が高騰したことを機に、豚の頭肉や内臓が代用品として使用されるようになった。これが民間人にアレンジされ、広まったのが始まりと言われている。

「鹵煮」とは、「鹵水」と呼ばれる醤油ベースの調味料で、肉や野菜を長時間煮込む調理法を指す。鹵水で煮込まれた豚モツのスープに、すいとんやちくわぶのような食感の「火焼」と呼ばれる小麦粉が原料の餅が加わり完成。モツは豚の小腸や大腸などを使用するが、八角など数十種類の香辛料が加えられるので、臭みもほとんどなく、モツが苦手な人でも食べやすい。

大きな丼に入ったモツ煮込みを囲み、北京の庶民の味を堪能してみては?

アテンド先はこちら

店名  豊盛胡同(フォンシェンフートン)

住所  金匯路416号

TEL  5111-7711

営業時間  10時~22時

席数  約120席

予算  100元~

~上海ジャピオン1月11日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。