上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~碗豆黄

庶民の味から宮廷点心へ

「碗豆黄(ワンドウホヮン)」は北京の点心で、旧暦の3月3日に食べる風習がある。そのため北京では、春から夏にかけてよく見掛ける。民間式と宮廷式の二種類があり、元々は路上で売買されていた庶民の味であった。

清代の西太后が宮殿で涼んでいた時、街の方から豌豆黄売りをする呼び込みの声が聞こえてきたので、何事かとその人を連れて来るように召使いに言った。売り子が持ってきたものを味わった西太后は、その繊細な味わいと口解けのよさを気に入り、その売り子を専門職人として宮中に留め、宮廷料理として振舞うことを命じたのだ。

エンドウマメの皮を除いてペースト状になるまで煮て、クチナシで黄金色に色付けする。これを冷やし固めてカットし、サンザシのゼリーを乗せたらできあがり。

西太后が愛したと言われる、上品な甘さのスイーツを味わってみては?

アテンド先はこちら

【店舗情報】

店名  豊盛胡同(フォンシェンフートン)

住所  金匯路416号

TEL  5111-7711

営業時間  10時~22時

席数  約120席

予算  100元~

エリア 龍柏新村

~2019年1月25日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。