中華接待の備忘録~碗豆黄

庶民の味から宮廷点心へ

「碗豆黄(ワンドウホヮン)」は北京の点心で、旧暦の3月3日に食べる風習がある。そのため北京では、春から夏にかけてよく見掛ける。民間式と宮廷式の二種類があり、元々は路上で売買されていた庶民の味であった。

清代の西太后が宮殿で涼んでいた時、街の方から豌豆黄売りをする呼び込みの声が聞こえてきたので、何事かとその人を連れて来るように召使いに言った。売り子が持ってきたものを味わった西太后は、その繊細な味わいと口解けのよさを気に入り、その売り子を専門職人として宮中に留め、宮廷料理として振舞うことを命じたのだ。

エンドウマメの皮を除いてペースト状になるまで煮て、クチナシで黄金色に色付けする。これを冷やし固めてカットし、サンザシのゼリーを乗せたらできあがり。

西太后が愛したと言われる、上品な甘さのスイーツを味わってみては?

アテンド先はこちら

【店舗情報】

店名  豊盛胡同(フォンシェンフートン)

住所  金匯路416号

TEL  5111-7711

営業時間  10時~22時

席数  約120席

予算  100元~

エリア 龍柏新村

~2019年1月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP