上海のグルメ 記事

中華接待の備忘録~脆皮乳鴿

ジュワッと滲み出る旨味

「脆皮乳鴿(ツイピィルーグォ)」とは、広東料理によく見られる「脆皮(ツイピー)」という調理法で作られた、仔バトのローストである。

中国語の「乳」は「雛」の意味を持ち、「乳鴿」は生まれて間もない仔バトとなる。まず各種香料を入れた鶏ガラスープに、内臓を取り除いたハトを丸ごと入れて表皮を張らせてから、麦芽糖で作った飴を塗って一晩干した後、高温の油を何度も回し掛けながら焼く。香りが強く、特にしっかりとした濃厚な味が出る仔バトは、この調理法との相性が抜群だ。また、鳩肉にはビタミンB1・2のほか、鉄分が豊富で栄養満点。

こんがりと飴色に焼き上がった「脆皮乳鴿」は、見た目にもキレイだ。この料理は焼き立て熱々ではなく、人肌程度に冷ましたものを食べるのが一般的。パリッとした皮とジューシーな鳩肉は、あっさりとしつつも脂の甘味が感じられる。

アテンド先はこちら

店名  査局粤菜館(ジャージューユエツァイグヮン)

住所  凱旋路1272号

TEL  5290-3177

営業時間  10時半~22時

席数  約120席

予算  150元~

~上海ジャピオン2019年5月3日発行号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。