JUST OPENED~伴斤捌两

すき焼き居酒屋が復活

10号線「水城路」駅から徒歩10分、栄華東道沿いに4月上旬、居酒屋「伴斤捌两」がオープンした。

同店は1995年から「竹屋」として10年以上古北で親しまれてきた。今回、良質な食材を良心的な価格でゆっくり楽しんでほしいと、すき焼きをメインとした居酒屋として再び店を開いたと言う。

今回は、5月24日(金)までジャピオン持参で来店すると、「竹屋」の日本人料理長直伝の割り下が自慢の「すき焼き一人前セット」(248元相当)を128元で提供。すき焼き用カナダ産牛肉と野菜の盛り合わせ、〆のうどんor白米、サラダ、串焼き2本、デザートに加え、生ビールorハイボールorカルピス1杯が付いた、大満足の内容だ。

ほか「手羽先」(12元)や「サバの塩焼き」(38元)などの焼き物、週末のランチメニューも充実。1人で来てよし、家族や仲間と楽しく過ごしてよし。同店のすき焼きを、ぜひご賞味あれ。

Info

店名  伴斤捌两(バンジンバリィアン)

住所  栄華東道60弄1号101室

TEL  6219-6992

営業時間  17時~翌2時(土日は11時半~14時、17時~翌2時)

席数  35席、カウンター5

予算  昼48元~、夜150元~

~上海ジャピオン2019年5月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP