今週もゴチになります~FUJIYAMA

豪州チルド肉のバル

虹梅路沿いの日系飲食店街「老外街横丁」内に3月、肉バル・ワイン店「FUJIYAMA」がオープン。日本料理店「竿屋」などを経営する竿山氏が、新業態として始めた店だ。

同店では豪州産チルド肉が看板メニュー。輸送中に徹底した温度管理が行われ、チルド(冷蔵)状態で運ばれる。この輸送期間中に、肉を寝かせる=熟成させるため、肉は旨味を増し、より柔らかくジューシーになっていく。一番人気は「熟成ランプステーキ」(通常98元/300㌘)だ。豪州産ランプ肉はさっぱりとした味わいが特長で、300㌘でも意外とペロッと平らげられるんだとか。ほか「ヒレ」や「サーロイン」(各通常148元/250㌘)などを用意する。肉に合わせるワインは、チリ産「カリテラ(白)」(178元)や、アルゼンチン産「ロ・タンゴ(赤)」(198元/各本)がピッタリだ。

 ワインを片手に食す

今回は、5月31日(金)まで「ジャピオンを見た」で来店すると「各種ステーキ」(通常98元~)を1組1皿に限り20%オフで提供。アルコールはワインのほか、チェコの生ビール「ピルスナー・ウルケル」(30元~/杯)にトライしてみて。ピルスナーとは、世界の大半のビールの醸造方法を指し「ウルケル」がその元祖とされている。

テラス席で食べるのが気持ちいい初夏が到来。今夜は竿山氏厳選の肉とお酒で食事を楽しもう。

 

info

住所  虹梅路3337号匯映中心老外横丁街1階

TEL  182-2171-1891(竿山、日本語可)

営業時間  17時半~L.O.23時半

席数  20席、テラス40席

予算  約200元~

~上海ジャピオン2019年5月17日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP