俺のジャピコレ~台南擔仔面

上海で台南麺を食す

汁なし挽き肉麺

先日、韓国料理を食べようと龍柏新村エリアに行ったんやけど、付近を歩いていたらこの店「台南擔仔面」を見掛けたんや。中国台湾は時々旅行に行くほど好きやから、当初の目的は忘れて、思わず店に入ってもうたわ。

メニューを見て、店名と同じ「台南擔仔面」(20元)を発見したんで、これを注文。〝擔仔面〟ってどんな麺なんやろってワクワクしていると、10分ほどして料理が到着。汁なし担担麺みたいな感じやな…って思って調べてみたら、〝擔仔面〟は簡体字で〝担仔面〟、つまり台南版担担麺ってことか。麺はやや太めのモチモチ食感で、塩気のある麺と挽き肉との相性がバツグン! やや茹で過ぎ感はあるけど、日本人の口に合う味付けちゃうかな。滷蛋も味が染みてて、いい塩梅。

店のおばちゃんもおじさんも人当たりがよくて、気持ちよくメシが食べられたわ。梅のほのかな酸味と甘みが特徴の清涼飲料水「酸梅湯」も、手作りっちゅうことでウマかった。

Info

店名  タイナン ダンズゥミィエン 台南擔仔面

住所  老虹井路218号0107室(×青杉路)

TEL  6402-6569

営業時間  11時~22時

席数  約20席

予算  20元~

 

~上海ジャピオン2019年8月9日発行号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP