上海でインタビュー 記事

情熱中国 団塊Jr.の挑戦~前澤典子さん

上海から走る喜びを伝え、
皆で分かち合いたい

上海発の日本人ランニングクラブ、
TARKを立ち上げた前澤典子さん。
月に300㌔以上走る彼女は、
留まることなくランニングの魅力を上海より発信する。

覚えたマラソンの快感

「上海に来た当初は、
目の前が仕事のことばかりでゆとりが持てず、
ストレスフルな日々を過ごすだけでした」
と話す前澤さん。
今や、本業の医療業務をこなす傍ら、
メンバーと週4回の練習会や合宿を行ったり、
中国のマラソン大会に参加したりと、
精力的にクラブを運営している。
前澤さんがマラソンと出会ったのは、
社会人になりたての頃。
当初はダイエット目的で走り始めたが、
たまたま参加した地区マラソンの5㌔部門で優勝、
そして当時活躍していた、
女子マラソン五輪メダリストの有森裕子選手に魅了され、
本格的にマラソンと向き合うことに。
地元の駅伝チームでの練習を通じ、
やがては憧れの東京国際女子マラソンへの出場を果たす。
同マラソン大会にて、
一流の選手たちと同じ土俵で戦えたことに、
確かな喜びを感じたという。

 

走る幸せを共有する

?その後、家族の都合で来海。
元々海外での生活に憧れていた前澤さんだが、
慣れない環境での生活は楽なものではなかった。
頭の中は仕事のことばかりで、
日常からいつの間にか走ることが消えていた。
そんなある日、
彼女がランナーであることを知った知人が、
上海マラソンの参加を勧める。
あまり乗り気にはなれなかったが、ハーフ部門に出場。
結果、完走はできたものの、
不甲斐ない記録にショックを覚えた。
かつてはあれほど走れたのに、
少しのブランクで衰えた自分に腹が立ち、
前澤さんは公園などで再びランニングを始めることに。
走るうちに意欲も増し、生活に潤いが出てきた。
同じく上海マラソンで走った人たちと知り合い、
1人で走るより、
皆で走る幸せを共有できればモチベーションも上がるのでは、
と考え始めるようになり、
仲間10人程度で最初は「上海ランナーズ」を結成。
そのうち、他のランニングクラブが彼女たちに加わり、
今日の「TARC」となったのだった。

?

?毎週火、土、日曜日に行うチームの走行練習会

?ココロと身体の健康

?そんな彼女たちの活動を知り、
上海の日本人ランニング愛好家たちが
次々とTARCに集まり、
メンバーはいつの間にか300人を超えるほどに。
今では練習会のほか、
メンバーが日々走った距離に応じて、
一定金額を貧困地域に寄付する「1㌔1元活動」や
「TARK文庫」といった社会活動も行う。
ココロと身体の健康をモットーに、
上海の走る環境をクリエイトしながら、
前澤さんはこれからも走り続ける。

~上海ジャピオン04月20日号

上海でインタビュー ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。