上海でインタビュー 記事

情熱中国 団塊Jr.の挑戦~高橋優さん

442interview-v1

442interview-v2

祖父の恩師の意志を継いで、中国での農業モデル構築を目指す

中国で日本の稲作を遂行し、新潟コシヒカリの普及に努める高橋さん。日本と変わらない「安心・安全・おいしい米」を提供するため、研究を重ねる高橋さんの挑戦とは――?

初中国は内モンゴル

「私の中国デビューは内モンゴル東部での試験栽培でした」と、当時を振り返る高橋さん。「いいものを作りたいと、昼夜の温度差が大きい内モンゴルを選んだのですが、冷害に遭い初年度は失敗でした」。翌年は南下し、天津へ場所を移す。

高橋さんが、中国で農業を始めたのは、農業学校出身の父親が、中国で土地改良をしている恩師の話を聞ききつけ、中国でのコシヒカリ栽培を買って出たのが始まり。地元新潟で働く父親に代わり、出張ベースで試験栽培の監督員として現場を訪れるようになる。まったく違う畑の業務、初の国外での仕事ではあったが、「周りに農家が多かったし、単純に興味があった」と、新境地への挑戦に躊躇はなかった。

442interview-v3

丹精込めて作られるブランド米「越前米」。日本でDNA鑑定を行い、品質管理を徹底している

名物のソバとの出会い

内モンゴルでの試験栽培は失敗に終わったが、そこで名産品のソバに出会う。興味を持った高橋さんが、新潟の知り合いのソバ職人に見せたところ、なかなかの良品という回答が返ってきた。「ソバを使って商売ができないか」と考えた高橋さんは、市場調査を兼ねて瀋陽や大連などを巡る。その時に初めて上海を訪れた。「農村での不便な生活が続き、心が折れそうになっていた時に、整備された上海を知り、これなら住めると思いました(笑)」。そして、2008年3月に上海に移住し、ソバ専門店を開業した。軌道に乗り、2店目を開店するも、人に任せるようになった頃から売上が落ち、3年半で店を閉めることに。「農業のために来ていたから、店はすぐ辞められましたね」と、決断は早かった。

農業モデル構築を目指す

浙江省湖州市に70㌶の土地を借り、ブランド米「越前米」の生産・販売を始めて今年で3年目を迎える。同地での米作りは軌道に乗り、今年から福島のミルキークイーンの栽培も開始。年末には市場に並ぶ予定だ。

そんな中、高橋さんの心の中でずっと引っかかっているのは、「三農問題」(=農村、農業、農民の問題)。中国の農村では、機械化が進んでいるものの、衛生管理やメンテナンスができておらず、過疎化も進む。これに対し、「栽培地にモデルケースを立ち上げ、付加価値を付けて販売する日本の農業を提示していくことで、問題改善の道筋を付けたい」と語る高橋さん。中国の生産者と消費者、双方が幸せになる道を探り、さらなる研鑽を積むのだった。

 

~上海ジャピオン2013年7月12日号

上海でインタビュー ページランキング トップ10★

    None Found
上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。