名句UPマンダリン~ラルフ・ワルド・エマーソン

解説
エマーソンは、
アメリカ合衆国マサチューセッツ州
ボストンに生まれ、
18歳でハーバード大学を卒業。
牧師の道に進むが、自由信仰で教会を追われる。
今回の名言に出てくる接続詞
「哪怕na3pa4(たとえ~でも)」は
「哪怕父母反対,我也要和他結婚
(たとえ両親に反対されても、彼と結婚する)」の様に、
しばしば「都」や「也」と呼応する。
また、
後半に出てくる形容詞
「任何ren4he2(どのような~でも)」は、
「任何人(だれでも)」、
「任何時候(いつでも)」など、
名詞を伴うことが多いので覚えておこう。

~上海ジャピオン2012年7月6日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP