名句UPマンダリン~ハリール・ジブラーン

-436make-up

解説
〝20世紀のウィリアム・ブレイク〟とも称され、
宗教・哲学に根ざした、詩や絵画作品を残したジブラーン。
その作風は後世多くの詩人や政治家に影響を与えた。
今回の要点は「従来cong2lai2(今まで、これまで)」の用法。
日本語の「従来」とは異なり、
「他従来没去過国外(今まで外国に行ったことがない)」、
「我従来没聴過這様的事情(今までこんなことは聞いたことがない)」など、
後ろに「没有」、「不」などを伴い、否定文で使うことが多い。
同義語に「向来xiang4lai2」、「歴来li4lai2」がある。

~上海ジャピオン2013年5月31日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP