名句UPマンダリン~ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー

-439make-upプ

解説

19世紀アメリカを代表する詩人として、幅広い層から今なお厚い支持を受けているロングフェロー。彼の作品は、日本でも明治、大正時代を通じてよく読まれた。

今回のポイントは接続詞「不論A還是B、都~(たとえAであってもBであっても、~だ)」の用法。例えば、「不論天気冷還是不冷、他総是感冒(寒くても、寒くなくても、彼はいつも風邪をひく)」のように、いかなる条件に関わらず、結果はいつも同じであることを表す。また、類似表現に「不管bu4guan3」があるが、こちらは話し言葉で使われることが多い。

~上海ジャピオン2013年6月21日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP