続・筆談の落とし穴~vol.19「房東」=「大家」

581続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「房東」とは「大家」を指す中国語である。昔、主人が東の方角に、客人は西に腰を下ろしたことに由来する。一方「大家」という言葉は、中国語で「みんな」を意味するから気を付けよう。

会話中、張君は借りている部屋の大家とトラブルを抱えていることを山本さんに相談したかったのだが、山本さんは彼が今のすぐ東側の部屋に引っ越すのだと勘違いしたようだ。張君! 山本さんは引越しトラブルのアドバイスなどしていないから、早めに誤解を解いた方がいいぞ。

 

~上海ジャピオン2016年06月03日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP