続・筆談の落とし穴~vol.22「幽黙」=「ユーモア」

584続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「幽黙」とは、英語の「humour(ユーモア)」の音に中国語を当てはめたもので、人を和ませる面白さを指す。

筆談中、張君は総務部の劉君にユーモアがあることを山本さんに伝えようとしていたのだが、山本さんは張君が彼のことを、寡黙すぎて幽霊みたいだと陰口を叩いているのだと勘違いしたようだ。張君! 障子に耳あり、壁に目あり、だ。劉君に対する陰口が会社中に広まれば、みんなから無視されて、張君自身が〝幽霊〟社員のようになってしまうぞ!

 

~上海ジャピオン2016年06月24日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP