続・筆談の落とし穴~vol.23「手表」=「腕時計」

585続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「手表」とは「腕時計」を表す中国語である。「表」という漢字自体に「(携帯用の小さな)時計」という意味があり、「手に身に付ける時計」で、「腕時計」という意味になった。

筆談中、張君は山本さんが身に付けている腕時計のことを褒めたのだが、山本さんは手相のことを褒めてもらったのだとついつい気持ちが高ぶって、もっと詳しく手相を見ろと張君に迫ったようだ。山本さん! 張君に手相を見せたところで、彼にはさっぱり分からないから、早く仕事に戻って堅実に仕事に励もう!

 

~上海ジャピオン2016年07月01日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP