続・筆談の落とし穴~vol.25「口歯」=「滑舌」

587続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「口歯」とは「滑舌」を指し、話しぶりのことを表す中国語である。また「弁舌」という意味もあり、「口歯伶俐」で「弁が立つ」となる。

筆談中、張君は自分の滑舌の悪さを相談したかったのだが、山本さんは歯の汚れを相談されているものだと思い、自分が通っている歯医者を紹介してしまったようだ。張君! 歯医者に行って歯並びを矯正しても滑舌は良くならないから、まずは山本さんに中国語の〝筆舌〟を鍛えてもらった方がよさそうだ。

 

~上海ジャピオン2016年07月15日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP