続・筆談の落とし穴~vol.76「抄牌」=「警察に交通違反切符を切られること」

638続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「抄牌(chao1pai2)」は、「警察に交通違反切符を切られること」を表す中国語である。

筆談中張君は、警察に違反切符を切られたと伝えたかったようだ。しかし、山本さんは日本語の直訳から「抄牌」を厳かな掛け軸か何かと勘違いし、挙げ句「被」を被害と解釈して泥棒が掛け軸を盗んだのだと思い込んでしまったぞ。張君!山本さんには身を以て体験してもらおう。信号が青になるまで待てないと言われる関西人はきっと信号無視で注意されるぞ。

 

~上海ジャピオン2017年7月21日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP