続・筆談の落とし穴~vol.90「装蒜」=「とぼける、知らん顔をする」

-652続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「装蒜(zhuang1suan4)」は「しらばくれる、知らん顔をする」のほかに「気取る、すました顔をする」を表す中国語である。

筆談中張君は、曹くんが自分のミスを認めず、知らん顔をされた憤りを山本さんに伝えたかったようだ。しかし山本さんは「蒜」をニンニク、「装」を装備すると解釈し、曹くんがニンニクを装着していると勘違いしてしまったぞ。張君! 大笑いしている山本さんを知らんぷりしてやれば、少しは張君の気持ちを察してくれるかもしれないぞ。

 

~上海ジャピオン2017年11月3日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP