続・筆談の落とし穴~vol.95「不知不覚」=「知らず知らず、いつの間にか」

-657続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「不知不覚(bu4zhi1bu4jue2)」は、「知らず知らずのうちに、気が付くと、いつの間にか」を表す中国語である。

筆談中張君は、いつの間にか今年最後の月になっていた驚きを伝えたかったようだ。しかし、山本さんは「不知不覚」を「知らない、覚えていない」と解釈し、12月までに出せと言っていた企画書を張君がすっぽかしたのだと勘違いし怒ってしまったぞ。張君!不知不覚…いつの間にか山本さんが君を最低な人間だと思ってしまっているぞ。

 

~上海ジャピオン2017年12月8日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP