続・筆談の落とし穴~vol.106「馬虎」=「いい加減、大雑把」

668続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「馬虎(ma3hu3)」は「いい加減」を表す中国語である。宋の時代、ある画家がトラの頭とウマの身体を持つ動物を書き、これを「ウマでもトラでもどちらでもいい」と言ったことが、言葉の由来とされる。

筆談中張君は、曹君の仕事ぶりがいい加減だと伝えたかったのだが、山本さんは「馬虎」をそのままウマとトラだと思い、曹君が調教師になりたいのだと勘違いしたようだ。張君!本当にいい加減だったのは山本さんだぞ。〝馬虎〟の絵を山本さんに贈ってみてはどうだろう。

 

~上海ジャピオン2018年3月2日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP