上海のスクール 記事

続・筆談の落とし穴~vol.106「馬虎」=「いい加減、大雑把」

668続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「馬虎(ma3hu3)」は「いい加減」を表す中国語である。宋の時代、ある画家がトラの頭とウマの身体を持つ動物を書き、これを「ウマでもトラでもどちらでもいい」と言ったことが、言葉の由来とされる。

筆談中張君は、曹君の仕事ぶりがいい加減だと伝えたかったのだが、山本さんは「馬虎」をそのままウマとトラだと思い、曹君が調教師になりたいのだと勘違いしたようだ。張君!本当にいい加減だったのは山本さんだぞ。〝馬虎〟の絵を山本さんに贈ってみてはどうだろう。

 

~上海ジャピオン2018年3月2日発行号

上海のスクール 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。