上海のスクール 記事

続・筆談の落とし穴~vol.112 「吃螺絲」=「セリフを噛む」

674続・筆談の落とし穴-1

説明しよう!

「吃螺絲(chi1luo2si1)」は「セリフを噛む」を表す中国語である。この表現は中国台湾でよく用いられ、中国大陸では「結巴巴(jie2ba1ba1)」を使う。

筆談中張君は、プレゼンでセリフを噛んだのだと伝えたかったのだが、山本さんは中国では緊張をほぐす時に、手のひらに螺絲(ネジ)と書いて口に運ぶのだと勘違いしたようだ。山本さん! 張君はそんな動作をしていなかったぞ。張君が有頂天になってしまう前に、辞書を引こう。

~上海ジャピオン2018年4月13日発行号

上海のスクール 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。