続・筆談の落とし穴~vol.183「針眼」=「ものもらい」

説明しよう!

「針眼(zhen1yan3)」は「(目の疾患の)ものもらい」や「(糸を通す)針の穴」を表す中国語である。

筆談中張君は、目にものもらいができたと伝えたかった。しかし山本さんは、張君が彼女を怒らせ、針で目の付近を刺されたのだと勘違いし、早く彼女と別れるよう説教したようだ。山本さん! もし本当に彼女がそんなことをしていたら、警察沙汰で張君は会社に来ていないだろう。自分の目に針を向けて怖い思いをして、目を覚ました方がいいぞ。

~上海ジャピオン2019年9月6日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP