コメカミきゅうりで頭痛撃退

中華4千年の歴史が伝える、民間療法をご紹介。


頭痛を救う きゅうりエキス

頭痛が…でも、頭痛薬は飲みたくない! そんなとき、身近なものを使って軽減できるとしたら、試して見る気はないだろうか? その方法とは「コメカミきゅうり」だ。
 中医学によると、きゅうりには水分が原因のむくみ解消や便秘改善など、様々な効果がある。中でもきゅうりの持つ解熱解毒作用は、ある種の頭痛に、特に効果を発揮する。
 それは、暑さで生じる頭痛や感情の昂ぶりで引き起こされた頭痛。こういった頭痛は、痛みが比較的狭い範囲に集中し、コメカミ付近の血管にドクドクした感じを覚えるという症状がある。解熱解毒作用のあるきゅうりをコメカミに貼ることで、熱を持った血管を沈静しようというわけだ。
 「頭に血が昇った」。こんなとき正に効くかもしれない。


体験者の一言


まず、冷たっ! と思いました。落ちそうで案外落ちませんね。結構スッキリするので、眠いときにも良さそうです。においますけどね。


先生からの一言


暑気当たりによる頭痛などに効果を発揮するこの方法。きゅうりは夏野菜であり、低価格で手軽に手に入るため、民間でよく用いられます。

EV中医物理治療中心
陝西北路1438号財富大厦322室
TEL: 6276-3815(中・英)

~上海ジャピオン10月19日発行号より

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP