上海の医療 記事

お医者さんの御用達 ~「オリーブオイル」

doctor_01

doctor_02

――冷え症や風邪予防に、「刮痧(かっさ)」が良いと聞いたので、早速、刮痧板を購入して、トライしようと思ったんですが、肌がカサカサしそうで心配です。

先生 刮痧とは、刮痧板を使って皮膚を擦り、気血の流れを良くする療法のこと。しかし、通常、専門家が行う場合は、直接皮膚を擦るのではなく、生薬が入った刮痧オイルを使います。自宅でセルフケアを行う場合は「オリーブオイル」でも代用できますよ。

――え? キッチンにあるオリーブオイルでいいんですか?

先生 はい。オリーブオイルは酸化しにくく、そのまま飲むと、便秘解消など良い働きをするものなんです。皮膚に塗れば、刮痧板の滑りが良くなるので、肌を傷めることがありません。さらに、人間の皮脂にも含まれるオレイン酸が多いので、皮膚の油分を補い、保湿効果も期待できます。また、ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化成分も豊富なので、肌を柔らかく滑らかにしてくれるでしょう。

――身近にあるものなので使いやすいですね。

先生 お風呂から上がった後、夜寝る前に刮痧を行うと、気の巡りも良くなり、効果的です。オイルはしばらくすると毛穴から皮膚へ浸透していきますが、べたつきが気になる場合は、軽く拭き取ってください。

doctor_03

~上海ジャピオン2014年11月7日号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。