お医者さんの御用達~「参苓白朮顆粒」

doctor_01

doctor_02

参苓白朮顆粒で胃腸ケア

――最近中国で暮らし始めた友人がいるのですが、こちらの食が合わないのか、胃腸が弱り、食欲不振や下痢が続いています。顔色も良くないようですし、何とかしてあげたいです。

先生 海外へ出る多くの人が経験していますね。そんな時は、漢方の古典と言われる中国の医書『和剤局方』に収載されている薬方「参苓白朮顆粒(じんれいびゃくじゅつかりゅう)」がオススメです。

――随分難しそうな名前ですが、中国ではお馴染みの漢方なのですか?

先生 はい。これには「四君子湯(しくんしとう)」と呼ばれる「ニンジン(人参)」や「ビャクジュツ(白朮)」、「ブクリョウ(茯苓)」、などの生薬が配合されています。ニンジンは身体を温め、新陳代謝を促すことで胃の衰弱を改善、ビャクジュツは胃腸の働きを良くする働きがあるとされ、食欲不振や慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠などの改善に効果的と言えるでしょう。1日3回食前または食間に、水やお湯で1袋服用してください。

――早速薦めてみます! 何か注意事項はありますか?

先生 服用期間中は生ものや果物など、冷たいもののほか、刺激の強い食物の摂取は控えてくださいね。

doctor_03

~ジャピオン2014年12月5日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP