お医者さんの御用達~LEDペンライト

doctor

doctor_2

健康管理にLEDライト

――子どもが、のどが痛いと言うので、のどの奥を見てあげたんですが、平常時との差がはっきりわかりませんでした。

先生 のどが痛い時は、赤く腫れていることが多いですからね。でも、部屋の電気だけでは、明るさが足りず、きちんと状況を把握することが難しいんです。そんな時は「LEDペンライト」を使って、照らして見てあげてください。私は患者さんののどを見る時に、よく使っています。

――うちにもペンライトが1本あったと思います。でも、LEDライトだったかな…?

先生 なぜ電球よりLEDライトのほうが良いかと言うと、黄色い電球色より、LEDライトの白色光のほうが、のどなどの実際の様子を正しく把握しやすいんです。また、LEDライトは光の強さが安定しているため、一定の光のもとで、状況の変化を観察することができるでしょう。日頃から、健康管理のために、のどや舌、皮膚の状況などもLEDペンライトを使ってじっくり観察しておけば、ちょっとした変化に気づきやすくなりますよ。

――早速、準備します。

先生 直径1㌢程度のものが使いやすいですね。また中国の夜道は暗いので、外出時に携帯して、足元を照らせば事故防止にもなります。

doctor_4

 

~上海ジャピオン2014年12月19日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP