上海の医療 記事

お医者さんの御用達~「万年筆」

-515お医者さん1

-515お医者さん2

 

すらすらラクラク万年筆

――久しぶりに、友人にメッセージカードを書いてみたんですが、

すっかり漢字が思い出せなくなっている自分に、びっくりしました。

このままだと、脳が衰える一方になりそうで心配です。

先生 最近は、パソコンや携帯でメールを打つことが多いので、ペンで書く機会がかなり減ってしまっていますよね。

ぜひ、脳トレのためにも、文字を書くことを意識してみてはどうですか?

「万年筆」を使えば、文字を書く楽しさを味わえるので、オススメですよ。

――ボールペンではなく万年筆ですか? なんだか楽しいというより、肩が凝ってしまいそうですが…。

先生 そう思われがちな万年筆ですが、実は、あまり筆圧を必要しないので、長時間書いていても疲れにくいんですよ。

それに、使い込むほどにペン先が自分の書き癖に合ってきますから、どんどん書きやすくなっていくんです。

私も毎日、万年筆を使って大量のカルテを書いていますが、疲れるどころか、書いていて楽しい気分になるから不思議です。

書き損じがないように、ほど良い緊張感が持てるのも、脳の良い刺激になると思いますよ。

――なるほど! 早速、万年筆で日記をつけてみたいと思います。

 先生 万年筆は、自分の手に合った太さのものを選ぶといいでしょう。

-515お医者さん3

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。