上海の医療 記事

お医者さんの御用達~桐灰・アイマスク 「あずきのチカラ」

557お医者さん-1

557お医者さん-2

――暖房を使い始めたせいか、目が乾きます。目薬を差してもすぐにシパシパ――。何か対策はありませんか?

先生 涙の分泌量が少なくなっているようですね。暖房はもちろん、コンタクト着用やパソコン作業なども原因と考えられます。そんな時には「あずきのチカラ」を使ってみてはいかがでしょう。

 

――小豆が入ったアイマスクですか。どんなパワーがあるのですか?

先生 小豆は水分が多く、レンジで温めると、その水分が蒸気となって出てきます。こちらのアイマスクは、適度な重みがあり、目元にしっかりフィットするので効果的に目を温めてくれますよ。使い方は電子レンジで600Wなら30秒、500Wは40秒を目安に温めてください。表面に浮き上がってくる〝キケン〟の文字が消えてから、目の上に5分ほど乗せて休息しましょう。

 

――目を温めることがどうしてドライアイ予防に繋がるのですか?

 先生 まぶたの縁にはマイボーム腺という皮脂分泌腺がありますが、ここから出る皮脂が涙の蒸発を防いでくれています。しかし加齢とともに皮脂がネバネバになり、中で固まってしまうことも。ですので、まぶたを40度くらいに温め、溶かしてあげましょう。血行促進、リラックス効果もあるのでお試しください。

 

 

557お医者さん-3

 

~上海ジャピオン11月27日発行号

 

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。