上海の医療 記事

お医者さんの御用達~玄米

567お医者さん-1

567お医者さん-2567お医者さん-3

玄米に秘められた驚異のパワー

――春節も終わり、心新たに新年を過ごしたいところですが…宴会続きで、中年太りまっしぐら。丸みを帯びてきた腹に、さすがに危機感を覚えます。先生、助けてください。

先生 それなら日本人の主食・ご飯を玄米に替えてみてはいかがでしょう。

――玄米はパサパサして、おいしくないイメージがありますが…。

先生 玄米は白米に比べ、しっかり給水してあげることが必要です。夏は4時間、冬は8時間を目安に給水させてあげましょう。また水も白米の1・5倍を入れて炊くと柔らかくなります。パサパサ感が気になる場合は、ピラフにするといいですよ。何より玄米は白米の約9倍の食物繊維を含み、余分なコレステロールや糖分などの排出を促してくれます。また糖質をエネルギーに変えるのに不可欠な成分・ビタミンB1も摂れるので、ダイエットにはもってこいなんですよ。おまけに〝若返りのビタミン〟ビタミンEも豊富です。

――玄米パワー、すごいですね。摂取量に制限はありますか?

先生 私は朝昼晩食べています。黒豆や麦などの雑穀も一緒に入れて炊くと、さらに栄養価が上がっていいですよ。ただし、食物繊維が多いので、胃腸の弱い人は控えめに、もしくは白米を混ぜるなど調整してください。

 

 

~上海ジャピオン2016年02月19日発行号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。