上海の医療 記事

お医者さんの御用達~アーモンド

604%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-1

604%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-2 604%e3%81%8a%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%95%e3%82%93-3

口寂しい時の強い味方!

――「食欲の秋」という言葉は本当ですよね! 食べてもまたすぐに小腹が空いてしまい、体重が気になります。

 

先生 冬に向けて栄養を蓄えようとする本能によって、食欲が旺盛になる時期です。間食には何を食べていますか? 僕のオススメは「アーモンド」です。

 

――間食には菓子パンやスナック菓子を食べることが多かったです(汗)。

 

先生 ナッツ類の中でも、アーモンドはビタミンEが豊富。ビタミンEには抗酸化作用があり、皮膚や血管などの老化を防いでくれます。またフラボノイドも含みますので、ビタミンEとの相乗効果で抗ストレスの作用もあり、ガンや生活習慣病、心筋梗塞、脳梗塞の予防も期待できます。さらに亜鉛やマグネシウムなどのミネラルを多く含む一方、糖質が低いので非常に健康的です。

 

――アーモンドはそんなに栄養豊富だったんですね! カロリーは高くないんですか。

 

先生 1粒5㌔カロリーほど、一日片手分くらいの摂取量で約100㌔カロリーです。良質な脂質は腹持ちをよくしてくれますよ。さまざまな種類が売られていますが、素焼きローストのアーモンドなら、塩分の過剰摂取の心配もないのでオススメです。アレルギーがある方は摂取を控えましょう。

 

~上海ジャピオン2016年11月18日号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。