上海の医療 記事

お医者さんの御用達~薏米紅豆粥

641お医者さん-1

641お医者さん-2 641お医者さん-3

夏に粥を食べて栄養補給

――上海の夏がこんなに暑いとは思いませんでした…(涙)。夏バテ気味で、ダルさが抜けません。

 

先生 上海の夏は蒸し暑く、長いですよね。そんな季節にピッタリの、簡単でおいしい「ハト麦とアズキの粥(薏米紅豆粥)」を食べてみましょう。

 

――夏に粥ですか、身体によさそうですね!

 

先生 中国では身体に湿気が溜まると、むくみや食欲不振、疲労感や軟便、頭が重いなどの症状が出ると言われています。薏米(ハト麦、ヨクイニン)やアズキは、この湿気を排出する、利尿・解毒作用が強いんです。これらを食べることで、中国で「脾」と呼ばれる消化器官を健やかにし、胃腸の負担を減らしてくれるんですよ。また薏米にはアミノ酸が豊富。アズキも食物繊維がたっぷりなので通じがよくなりますよ。

 

――どうやって作ればいいのか教えてください。

 

先生 薏米とアズキを1対1の割合で3時間から一晩ほど水に漬け、そのまま炊飯器の粥機能で調理すれば大丈夫です。塩気を足すと主食やおかずに、ナツメや砂糖を足すとデザートになりますよ。また冷やして食べてもおいしいので、色々工夫して食卓に添えてください。身体を冷やす場合があるので、妊婦さんや尿量の多い人は食べるのを控えましょう。

 

~上海ジャピオン2017年8月11日発行号

上海の医療 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。