上海の医療 記事

お医者さんの御用達~ナイトガード

お医者_1_タイトル_600

お医者_2_医者_280 お医者_3_紹介_250

歯ぎしりの応急処置に

――寝起きに、アゴのだるさを感じます。調べたら、寝ている間に食いしばりか歯ぎしりをしているようです。

先生 朝起きた時のアゴの痛みや疲労感は、確かに睡眠時の歯ぎしりが考えられます。歯ぎしりは、歯に100㌔もの力が加わるとも言われ、相当な負担が掛かります。そんな時は、こちらの「ナイトガード」を付けてみましょう。

 

――どんな効果が見込めるのでしょうか。

先生 歯ぎしりが続くと、歯のすり減りや亀裂、目に見えない小さなヒビが入るなどの症状が出ます。また出っ歯になったり、治療済みの歯が取れやすくなったりするという事態も。ナイトガードを使用することで、そのような諸症状の予防、また歯の位置を固定する役割をしてくれます。

 

――使い方を教えてください。

先生 まずは、ナイトガードを70度の湯に30秒ほど浸して、柔らかくしましょう。その後上顎に合わせて噛み、冷めたら口から取り出して冷やして、自分の歯型を作ります。後は、睡眠時にその型をはめましょう。頭痛持ちやアゴがガクガクする顎関節症の人にも、オススメです。こちらは、サイズが小さめなので女性向き。なお無呼吸症候群の人は、歯科医で専門のものを作った方がいいですよ。

~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。