上海の医療 記事

お医者さんの御用達~ユリと緑豆のスープ (百合緑豆湯)

691-お医者_1_タイトル_600691-お医者_2_医者_280691-お医者_3_紹介_250

暑い日にユリ入りスープ

――夜でも蒸し暑い日々が続き、よく眠れません。

 

先生 夜眠れないと、次の日の体調に影響してしまいますよね。そんな時は、こちらの「ユリと緑豆のスープ」を飲んでみましょう。

 

――おいしそうですね!

 

先生 ユリの根には、身体に溜まった熱を和らげるだけでなく、熱が溜まることで引き起こされる便秘やにきびなどの症状緩和が期待できます。また、せき止めや痰の排出、喘息を鎮めてくれる作用も。精神を落ち着けるとされており、質のよい睡眠に導いてくれますよ。一方緑豆には葉酸が豊富に含まれ、妊婦の貧血対策や、胎児の神経発達に効果的なんです。

 

――作り方を教えてください。

 

先生 まずは、250㌘ほどの緑豆を4時間水に浸しましょう。ユリの根は、外側の硬い部分を取り除き、一枚一枚ばらして洗ってください。ユリの根と緑豆、適量の砂糖、できれば氷砂糖を水とともに鍋に入れ、15~20分煮ましょう。その後、よく冷やしたら完成です。これにカボチャを入れてもおいしいですよ。またコメを入れて粥にして食べるのも◎。なお、一気に飲んだり食べたりするのは避け、同じ成分の漢方を飲んでいる人は、摂取を控えましょう。

 

~上海ジャピオン2018年8月10日発行号

上海の医療 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。