お医者さんの御用達~葛根

702お医者さん-1

702お医者さん-2 702お医者さん-3

解毒ならぬ解酒作用!?

――一度お酒を飲み始めるとつい調子に乗り、次の日後悔することもしばしば…。何か二日酔い防止に役立つものがあれば教えてください。

 

先生 酒を飲むと楽しくなり、飲酒量を守れないこともありますね。久しぶりの友人と会う、次の日がお休みなど、今日はちょっと危ないなと思う日には、こちらの「葛根」を摂取してみてはいかがでしょうか。

 

――風邪の引き始めに飲む「葛根湯」とは違うものですか?

 

先生 あちらは粉状でとろみが付くのですが、こちらはキューブ状のものを煮込み、お茶にして飲むタイプ。酒の飲み過ぎは、肝臓の疲れや身体のだるさを引き起こします。この葛根は酒の分解・代謝を助け、身体や気持ちがスッキリするのを助けてくれますよ。

 

――どんなタイミングで摂るのがいいのでしょうか。

 

先生 酒を飲む前に飲んでおくと、酔いが回りにくくなります。酔いにくいからと飲酒量が増えてしまう人は、酒を飲んだ後に二日酔い予防の目的で摂取してもいいですね。1回約20㌘の葛根を、300~400㍉の水で15分間ほど煮溶かしてください。ポットに入れてチェイサー代わりに飲むのもいいですね。健康のために、酒量をほどほどにする努力もお忘れなく。

 

~上海ジャピオン11月2日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP