お医者さんの御用達~海鮮類

記憶力アップの秘訣

――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。

 

先生 私の高齢の母も少々記憶力が怪しくなっていたんですが、中国南部の海南島に4カ月いる間、毎日エビや魚などの「海鮮類」を食べていたら、記憶力が劇的に回復したんです。

 

――実際に改善が見られるなんてすごいですね!

 

先生 海鮮類に含まれる油には、血液をサラサラにする「EPA(エイコサペンタエン酸)」、脳に働き掛ける成分「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が豊富。脳機能の維持に大切なこの2つの成分は、認知機能の改善や記憶力の向上、動脈硬化の予防改善などいいこと尽くし。これらの成分は体内で生成できないので、直接食べる方法を取ってください。

 

――これからは意識して食べるようにします。

 

先生 「EPA」と「DHA」は、海の青魚に特に多く含まれているんですが、そのほかの魚介類や缶詰でも大丈夫ですよ。私はタチウオを食べることが多いです。魚を選ぶ際には、黒目がしっかりしているか、ウロコがボロボロになっていないか、身に弾力があるかの3点に注目し、鮮度の高いものを選んでくださいね。なお、認知症は遺伝の可能性がありますので、特に45歳を過ぎたら積極的に予防策を取りましょう。

 

~上海ジャピオン2019年7月19日発行号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP