お医者さんの御用達~痛み止め軟膏「扶他林」

じわじわくる痛みに

――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むようになってきました。特に激しい運動をしたわけでもないのに、どうしたらいいですか?

 

先生 どうしても加齢とともに、身体にガタが来ますよね。急性の場合も慢性の場合も使用できる、こちらの痛み止め軟膏「扶他林」を使ってみましょう。

 

――どのように使ったらいいのでしょうか?

 

先生 この軟膏を、痛みがある箇所に塗り込んでください。次第に皮膚に浸透し、関節の痛みを和らげてくれますよ。関節炎のほかに、捻挫やギックリ腰の応急処置にも使用できます。また背中の筋肉や緊張をほぐす効果も期待できます。1日3~4回が塗布回数の目安です。

 

――自宅に1本常備します! 使用上の注意点はありますか?

 

先生 処方箋がなくても普通のドラッグストアで誰でも購入できるので、お手軽ですよ。傷口がある箇所、また妊婦さんは使用を控え、12歳未満の子どもは医師に相談してからがいいでしょう。また軟膏は、子どもの手が届きにくい所で保存してください。軽度~中度の痛み用ですので、重度の痛みを感じる場合には、無理をせず整形外科やリハビリテーション科などの専門機関を受診してみてくださいね。

~上海ジャピオン2019年10月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP