上海の不動産・暮らし 記事

考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~卡娃咖啡(Cova coffee)石化店

_449matong-v1

金山区の喫茶店へ

私は考える男マートン。今日は気分転換に、普段よく訪れるエリアではなく、金山区まで哲学散歩にやって来た。

遠出になったが、正解だったな。いいアイディアが浮かぶ気がする。こんな時は、小部屋(トイレ)へ行くのがベストだ。向かいの喫茶店で小部屋(トイレ)を借りよう。

マフィアと独占哲学

ん? 個室の扉、よく見ると写真がプリントされている…波止場か。そう来ると、映画『波止場』を連想せざるを得んな。仲間や家族への裏切りに悩みつつも、マフィアに立ち向かう港湾労働者を描いた作品だ。これは、犯罪集団「コーサ・ノストラ」の不正を暴いた、実在の人物へのインタビューなどを基に制作されたそうだ。

コーサ・ノストラと言えば、確か、イタリア語で「我らのもの」の意味とか…もしやこの店、小部屋(トイレ)の独占を目論んでいるのか? そう言えば、アメリカのマフィアは、1920年代の禁酒法時代に酒類を密造し、市場をほぼ独占したことで巨万の富を築き、勢力を拡大させた。中国中の小部屋(トイレ)を独占し、使用料を徴収すれば…。用事を思い出した。早速家に帰って計画を…じゃなくて用事を済ませなければ! ありがとう、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2013年8月30日号

 

 

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。