上海の不動産・暮らし 記事

考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~TOFFY

_454matong

アジア料理店でフォー

私は考える男マートン。今日も日課の哲学散歩中だ。そろそろ昼時だな、最近できたというアジア料理店に行ってみよう。

ほお、ランチにはスープやデザートが付くのか、充実しているな。では、フォーをいただこう。さて、料理が来る前に手を洗わねばな。小部屋(トイレ)へ行ってこよう。

アイドルと絆の哲学

ユニークなことに、個室の扉の取っ手が、手の形をしている。そして手洗い台、個室内と、各所にはキャンドルが。ふむ、これは伝説のアイドル「キャンディーズ」の現代版として、今年誕生した「キャンドルズ」を指しているのだろうか。キャンディーズと言えば、日本初の全国組織型ファンクラブを持ち、ファンを大切にしていたグループとして知られる。解散を発表した時も、マスコミがバッシングする中、ファンクラブは彼女たちの意思を尊重したいと、大規模な解散コンサートを企画し、感動的なフィナーレを迎えたそうだ。

…となると、この個室の扉の取っ手にも、アイドルとファンとの絆、という意味でも込められているのだろうか。絆が生み出すパワー…真理到達への助けとなるかもしれん。早速、アイドルのライブへ行ってみよう。ありがとう、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2013年10月11日号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。