上海の不動産・暮らし 記事

考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~上海国際サーキット

_460matong

子守りマートン

私は考える男マートン。今日は、車好きな6歳の甥っ子と上海国際サーキットへ来ている。彼は将来F1レーサーになりたいそうで、色々と質問してくるのだが、私は免許すら持っておらず、車に関してはさっぱりだ。ふがいない叔父を許してくれ…ん? おしっこ行きたい? よしよし、じゃあ小部屋(トイレ)へ向かおう。

夢をかなえる哲学

ほお、壁にはレンガが敷き詰められ、ヨーロッパ風の照明が設置されている。なかなか洒落たデザインだな。デザインと言えば、このサーキット場は、ドイツの建築家ヘルマン・ティルケによるものだ。彼は安全性を重視したデザインで有名だが、ここ20年ほどは、F1で使われる主要なサーキット場をほぼ独占的に手掛けていることもあり、面白みがないとの声も聞かれる。

…その実、彼はF1の商業権を掌握し、その支配者と称されるバーニー・エクレストンの娘婿であるため、身内のコネで優先的に仕事を任されているとの噂もある。ん? 待てよ、そうすると、レースの世界もコネが重要ということに…。よし、甥にはまず何よりも、女性を魅了する男になれとアドバイスしてやろう。ありがとう、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2013年11月22日号

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。