上海の不動産・暮らし 記事

考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~老洋房花園飯店

_464matong

マフィアの邸宅へ

私は考える男マートン。今日は、姪っ子の世話を頼まれた。この子の兄の将来の夢はレーサーらしいが、彼女は世界一ビッグな存在になりたいと…女は強し。しかし、ならば今日は、1930年代の上海で、裏社会を牛耳っていたマフィアの邸宅をリノベートしたレストランへ行こう。

黒社会の面影など微塵も感じない、爽やかな内装だ。料理も上品な味付けで、うまいな。ん? おしっこ行きたい? 仕方ない、幸いほかの客はもういないし、女子小部屋(トイレ)に入るか。

緋色のバラの哲学

真紅のバラの壁紙。手洗い台&手洗いボールは鮮やかな緑で、まるでバラの葉のようだ。そう言えば、バラは一般的に「情熱」、「愛情」のイメージが強いが、花言葉では色や部位、花の状態によって異なる意味があるそうだ。ちなみに緋色のバラは「陰謀」の意味だとか。

陰謀か…トップへの道はまさに陰謀渦巻く弱肉強食の世界。これはトップを目指すなら、茨の道を覚悟しろというマフィアの哲学なのだな。しかし、バラの葉には「希望」の意味もある。よし、姪っ子にはトップを目指すことの厳しさを説き、それでも決意が揺らがないならば、その道を応援してやろう。ありがとう、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2013年12月20日号

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。