上海の不動産・暮らし 記事

考える男マートンと哲学の小部屋(トイレ)~上海月湖雕塑公園

-480matong

洞窟と師弟の哲学

私は考える男マートン。最近は君子を目指していたが、悟りを得られず、悩みは深まるばかりだ。そんな折、ある公園に珍しい小部屋(トイレ)があると聞き、藁にもすがる思いでやってきた。

公園入口からまっすぐ進むと、「水晶宮」という名の洞窟が。むっ、あれは便所標識!? これが小部屋(トイレ)なのか…よし、いざ行かん!

さよならマートン

評判通り迫力のある空間だが、なぜ洞窟? …もしや、哲学者ソクラテスの弟子プラトンによる「洞窟の比喩」か? 松明の灯る洞窟内に、身体を縛られた人々がいる。彼らが目にできるのは、壁に映る影のみ。これは、我々が普段見ているものが「実体=イデア」の影なのだという、イデアの概念の説明だ。最初にイデアに関して言及したのはソクラテスだが、プラトンは師の哲学を発展させ「イデア論」を確立。その後、哲学者の育成に努めた。

…そうか、今まで私は1人で思索していたが、人々と対話し、考えを深めることも重要なのだな。人が集まり、対話を楽しむ場…〝茶の間〟か! よし、今後は大部屋(茶の間)にて哲学を深めよう。ありがとう、そしてさようなら、いい小部屋(トイレ)であった。

~上海ジャピオン2014年4月25日号

上海の不動産・暮らし 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。