新茶早くも市場へ 産地の偽装に注意

 暖冬の影響で、新茶がすでに市場に出回っている。これは、昨年より2週間ほど早い。
 出回ったばかりの茶葉は高価なものが多く、現在の相場は、西湖龍井茶で、一級保護区産で500グラムあたり3000元前後、洞庭碧螺春は、同2000元前後。
 市茶葉行業協会の専門家は、「価格が落ち着くのは、もう少し後。産地を偽った茶葉には注意が必要」と話す。
(3月17日)

~上海ジャピオン3月23日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP